自分の好きな香り

香水に目覚め始めるのって、早い人で高校生とかかなーと思うのですが、
僕はそこまで香水に興味がなく、初めて香水を購入したのも、ここ最近です。

その割に自分は匂いフェチなところがあり、通りすがりの人の香りとかを結構気にしちゃいます。
世間にも時々いますよね。すれ違い様にすごいいい香りがする人。付いて行きたくなっちゃうような。。

そして、その香りって実はずっと覚えてたりしてて、ふと、どこかでまた誰かがその香水をつけてたら
あ!あの香りは!!相変わらずいい香りだ〜。となるんですよね。不思議と。

ここから導き出される答えは、一つ!

自分に合った、香水がこの世にはあるということ。

なーにを香水に運命感じてんだよ。って思ったかもしれませんが、今回僕はそんな香水に出会いました。

こちら、diptyqueの『GERANIUM ODORATA』

この香りを身にまとった瞬間に、なんかテンションが上がって、一発で好きになりました。
なんとも言葉では表現しづらい香りですので、説明文などから抜粋して、、

“ベルガモット、ブルボンゼラニウム、ローズゼラニウム、ピンクペッパー、トンカビーンズ、
ハイチ産ベチバー、シダー杉「Geranium Odorata (ゼラニウム オドラタ)」は、
洋紅色の花々へと私たちを導きます。春に咲き誇るその花が告げるのは陽光溢れる季節の到来です。
男性的でも女性的でもあるゼラニウムには、バラと共有するいくつかの香りがあります。
それは鮮やかで、フレッシュで、さわやかで…多次元的です。”

という感じの香水なのですが、パッケージもかなりお洒落で全てが気に入りました!

まさに運命の出会いというやつですね。

この香水なら、しばらくは飽きずに使えそうです。

あなたも自分に合った香水、見つかるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です