バンドと営業

僕は、かなり音楽が好きな人間でして、インストバンドからメタルバンドまで幅広く聴いてます。
最近の趣味はいいバンド発掘と言っても過言ではないでしょう。笑

月に一度ぐらいのペースでライブハウスに足を運んで、好きなアーティストを観に行くわけなのですが、
ライブでふと思った事があったので、ゆるゆるとお話しさせてください。

今回のタイトルであるバンドと営業。
これって全く違うようで結構共通点があるなと思ったんです。

MC

ライブに行った方には分かるかと思いますが、バンドはライブでは
必ずMCというちょっとした喋りを曲の合間に混ぜてきます。
これはバンドによって本当に様々で、もはやMCとは呼べないぐらい短い人たちもいれば、
一曲分ぐらい余裕で喋ってる方々もいます。
そして、内容も様々で本当に面白いバンドは本当に面白いし、正直あんまり面白くないバンドもいる。

あくまでも僕はですが、MCを結構大事なものだと思って見てる人間なので、どんなに曲が良くて、盛り上がってきても、
間のMCがつまらなかったら結構萎えてしまって、次の曲がうまく盛り上がれなかったりします笑

それに対して、曲自体はそこまで盛り上がる音楽ではないんだけど、
MCがすごい面白いと、なんか、またあのMCを聞きたいなーってなるんですよね。

で、これって営業とかにも言える話で、どんなに商品が良くてもトークが下手くそだと、
あんまり魅力的に感じないけど、商品はぶっちゃけイマイチでもトークが上手いとなんか買っちゃうわけですよね。

ライブパフォーマンス

あと、バンドってお客さんたちを上手く巻き込んで一つのムーブメントを起こすものだと思うんですが、
中には身内ノリみたいなのが多いバンドもいたりするんです。

営業で言う上司や部下、他の部署の方とコミュニケーションを密に取り、巻き込み、
営業していくタイプの人は絶対結果を残してる気がしてるんです。

そこで、あー何か似てるなーって思っちゃって、こんなよく分からない記事を書いてみました笑

きっと、トップ営業マンはバンドをやってもそれなりに結果を残せるんじゃないかなーって思ったライブ終わりの夜でした。