フリーランスから正社員に戻ったデザイナーの2017年を振り返る

みなさん、こんにちは!
現在、DSP広告の会社でデザイナーとして奮闘しているKANEKOです!
初めましての方も、すでにご存知の方も、よろしくお願いいたします。
このブログを見ていただき、ありがとうございます!

さてさて、かなり久しぶりの投稿になるのですが、
このブログを更新している現在は、、2017年12/31の18:26になります。
という事で、2017年が僕にとって、どんな年だったのかをこのブログにまとめて、
2018年を迎えようかなと思います。

まずは、大きな出来事を見出しにしてみますね。
・フリーランス活動を終了し、正社員へ戻る
・長かった人間関係の別れ
・現在の会社

ふむふむ。”長かった人間関係の別れ”気になりますね〜!笑

一年間の振り返りという事で、かなり長〜いブログになってしまいますので、
暖かい珈琲でも飲みながら適当に読んでってくださいませ。

〜第1章〜 フリーランス活動を終了し、正社員へ戻る



第1章にしてはいきなり大きな出来事なのですが、、
見出しの通り、僕は1社目の会社を辞めて、フリーランスを約一年間ほどやっておりました。
フリーランス時代のお話などはこちらのフリーランス活動時代のサイトに色々と掲載しておりますので、
よかったら、覗いてみてください。→http://kaneko-death.com/

そんなフリーランス活動も一年が経とうとしてた頃、独りで仕事をする孤独さとか、
大人の事情とか、お金の問題とか、色んな理由でちょっと嫌気が差してきて、ついに活動を辞めちゃいました。
今となっては全く後悔してませんし、むしろやって良かったなとしか思っていません。
フリーランスで出会えた人脈や経験などは今でも大切な財産になってますし、
自分がここまで成長できたのは無謀とは知っていても思い切ってやってみたからだと思います。

そして、フリーランスを辞める決心をした僕はもう一度企業に戻り、転職することに決めました。
転職活動をしている中で、偶然にも高校の同級生が働いている企業にお声がけいただきまして、
現在は企業に復帰し、楽しい社会人生活を送っております。

第1章の振り返り

フリーランスを辞めて、再就職した2017年の初めは紛れもなく人生の分岐点でした。
あそこでフリーランスを続けていたら、大変だったろうけど、それはそれで出会うことのなかった人に
出会えただろうし、今の僕では経験できてないことを経験できてると思います。
どんな選択にも誰から何を言われようと、後悔しないように進んでいきたいなと思います。
フリーランス時代に支えてくださった全ての方々、今の職場の方々、本当に感謝しております。
ありがとうございます!!!

〜第2章〜長かった人間関係の別れ



さぁ、ついにお別れ編に突入です笑
“出会いがあれば別れもある”当たり前のことですね。
この章に関してはプライベートなお話がたくさん出てくるので、
ところどころ表現を変えて、お話していきますね。

人と人との間には必ず”人間関係”というものが存在します。
【親と子供】【彼女と彼氏】【妻と夫】【上司と部下】
どんな人間関係にも”出会い”と”別れ”はつきものです。

結論から言うと、5年間、関係性を持っていた人とその関係性を断ち切ることになりました。
それは、5年前の自分からしたら想像もしない出来事でした。
ただ、この別れはお互いにとってポジティブな別れだと思っています。

“自分も相手も変わらなければいけない”
そんなフェーズに来てたのかもしれません。
結論、僕から別れを切り出すことになるのですが、僕は後悔はしてません。
ていうか、自分から言ったんだから後悔なんかしてんじゃねぇよ。って話ですが笑

第2章の振り返り


相手にも相手の人生があるのと同じように僕にも僕の人生があります。
僕の人生のハンドルを握っているのはいつだって自分自身です。他人にハンドルを握られたまま
人生を終えたいとは思いません。決断は辛く、現実は厳しいものでしたが、時には別れも受け入れて
前に進まなければいけないこともあると思います。
このブログを読んでいることはないと思いますが、一言述べさせてください。
出会えたことに本当に感謝しています。今の自分があるのは間違いなくあなたのお陰です。
5年間の中でたくさんの影響を受けてきました。お互いいい人生になるように頑張っていきましょう!

〜最終章〜現在の会社



はい、、
なんか、重めな話になってしまい申し訳ございません!笑
2017年の振り返り、いよいよ最後ということで、、
今年の2月に転職してやってきた現在の職場に関して振り返って終わりにしようかと思います!
結論から言わせてもらいますと、本当にいい会社に転職できたと思っています。
微塵の後悔もありません。むしろ運がいいな〜という感じです。
若々しくて、エネルギッシュで熱狂な職場環境にいつも学ばせてもらってます。
前職に引き続き、デザイナーチームの立ち上げとリーダーをさせていただき、
ディレクションまで任せてもらっていて、本当にありがたい限りです。
自分の環境を変えれるのは他人ではなく、自分自身なので、周りに甘えずに
しっかりとやっていきたいなと思います!
みなさん、いつも楽しい時間をありがとうございます!!これからも熱狂していきましょう!!笑

2017を振り返って



さぁ、こんな感じで小さいことも大きいことも思い出すと本当に色々とあった2017年でしたが、
総合的に見ると、また一段と成長できたいい年だったんじゃないかと思います。
この一年で出会った全ての人には感謝を忘れずに、これからも仲良くしていけたらと思います!
2018年も一緒に遊んだり、仕事したり、たくさん絡めることを楽しみにしてます!!!!!!!!!!

あとがき
第2章を書いている時にシャッフルで丁度”ソラニン”が流れてきて、うぉい!!ってなりました笑
不要な気遣いだよipodくん。

写真提供:中臺裕志

海街diary

好きな女優は?と聞かれて迷わず出てくるのが
ガッキーと長澤まさみのお二人である。

ガッキーに関しては逃げ恥で真の可愛さを知り、
長澤まさみに関しては、映画モテキで最強のエロさと可愛さを知り
それぞれの主演作品などを漁り続けて今に至る。

ふと、海街diaryとかいう映画に長澤まさみが出てたな〜と思い出し、
土曜の夜中になんとなく観てみることにした。

家族を捨てた父が、残してくれた家族

若干、重そうなテーマのキャッチフレーズですが、
内容自体はさほど重いものでもなく、
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず
がただただ可愛いというそれぞれの日常を映した映画である。

詳しい内容はネタバレを含むので、控えまして、
率直に個人的な感想だけ。

家族や周りの人たちの素晴らしさを教えてくれるほっこりとする素晴らしい映画です。
途中で色んなハプニングや悲しい出来事はありますが、人生とはそういうもの。
悲しい記憶を乗り越えて、本当の幸せが見えてくる。
そんなことを教えてくれるいい映画だなぁと思いました。

4人とも見事にキャラが違くて、見ててとても面白い。
長澤まさみ演じる役は長澤まさみっぽいし、
綾瀬はるか演じる役も綾瀬はるかっぽいし、
夏帆もすげー夏帆って感じです笑(テキトーか)

ただ、見てもらえれば伝わると思います!

割と映画を見ない方の人間なのですが、海街diaryは見てみて良かった。

素直でありたい

突然どうしたって感じのちょっと真面目な内容の記事ですが、僕が生きる上で
本当に大事にしてきてることなので、是非皆さんにも読んでいただきたいなと思って書きました。
※サムネ それっぽい写真がなく、金子で勘弁してください笑

素直

==================================================
考え・態度・動作がまっすぐなこと。
ひがんだ所がなく、人に逆らわないこと。心が純真さを失っていないこと。

==================================================

僕は素直という言葉が好きです。
人間が、一番失ってはいけないものなんじゃないかと自分は思ってます。

悪いことをしたら、“ごめんなさい”
誰かが自分のために何かをしてくれたら“ありがとう”

自分は悪いことをしてしまった。誰かを傷つけてしまった。
そう思った時に、”ごめんなさい”が素直に言えるか。

誰かに助けてもらった。あの人があの時ああしてくれなかったら今はなかったかもしれない。
そう思った時に、”ありがとう”が素直に言えるか。

この一言がないだけで、人間関係は簡単に変わってしまう。それほどまでに人間関係は脆い。

一つのストーリーを例に出して、お話させていただければと思います。

とあるデザイナーが仕事がパンパンの状態で週末を迎えてしまった。
月曜の午前中に提出しなければいけない案件が手元にある。
そのデザイナーは終わるかどうか心配になったので、土曜日に出勤して仕事を進めた。
その後、そのことを会社の方々にシェアしたところ、怒られてしまった。
会社の仕事のために土曜日に出勤したのに、怒られた。

理由としては、労働基準法の観点から、土曜日に出勤するなら事前にしっかり相談してくれ。と。
デザイナーは自分は確かに事前に相談しなかったので、その点は認めたが、
ただ怒られただけなことに納得が行かず、謝罪の言葉を述べなかった。ここで、双方に不満が生まれた。

デザイナーが抱いた不満は、怒られたことは自分が悪い部分があるから仕方ないけど、
ここまで頑張ったのになんで”ありがとう”とか”タスクの調整をしてあげられなくてごめんね”とか言わないの。。

上司が抱いた不満は、土曜に出勤してくれてまで頑張ってくれたのは良いけど、
事前に相談してくれなかったのは事実なんだから、”ごめんなさい”の一言ぐらい言ってくれよ。。

本当にたった一言があるかないかだけで、こうも簡単に人間関係は崩れる。

この後、お互いがしっかり”ありがとう”と”ごめんね”を言わない限り、
人間特有の意地とやらで関係は今まで通りみたいには修復されないだろう。

このストーリーを書いている自分自身がデザイナーであり、部下を何人も抱えていた立場だったから
常に素直さを忘れずに、自分の失敗はしっかり認め、謝って、頑張ってくれた時は感謝を伝えるように心がけてきました。

もし自分に子供が生まれたら、算数とか歴史とかぶっちゃけどうでも良いから、とにかくこの一言が言えるような
人になれよと何度も何度も強く伝えたい。

自分の好きな香り

香水に目覚め始めるのって、早い人で高校生とかかなーと思うのですが、
僕はそこまで香水に興味がなく、初めて香水を購入したのも、ここ最近です。

その割に自分は匂いフェチなところがあり、通りすがりの人の香りとかを結構気にしちゃいます。
世間にも時々いますよね。すれ違い様にすごいいい香りがする人。付いて行きたくなっちゃうような。。

そして、その香りって実はずっと覚えてたりしてて、ふと、どこかでまた誰かがその香水をつけてたら
あ!あの香りは!!相変わらずいい香りだ〜。となるんですよね。不思議と。

ここから導き出される答えは、一つ!

自分に合った、香水がこの世にはあるということ。

なーにを香水に運命感じてんだよ。って思ったかもしれませんが、今回僕はそんな香水に出会いました。

こちら、diptyqueの『GERANIUM ODORATA』

この香りを身にまとった瞬間に、なんかテンションが上がって、一発で好きになりました。
なんとも言葉では表現しづらい香りですので、説明文などから抜粋して、、

“ベルガモット、ブルボンゼラニウム、ローズゼラニウム、ピンクペッパー、トンカビーンズ、
ハイチ産ベチバー、シダー杉「Geranium Odorata (ゼラニウム オドラタ)」は、
洋紅色の花々へと私たちを導きます。春に咲き誇るその花が告げるのは陽光溢れる季節の到来です。
男性的でも女性的でもあるゼラニウムには、バラと共有するいくつかの香りがあります。
それは鮮やかで、フレッシュで、さわやかで…多次元的です。”

という感じの香水なのですが、パッケージもかなりお洒落で全てが気に入りました!

まさに運命の出会いというやつですね。

この香水なら、しばらくは飽きずに使えそうです。

あなたも自分に合った香水、見つかるといいですね!

いのちの車窓から

僕は昔から小説とかが嫌いで、漫画ばかり読んでました。
ですが、社会人になって、デザイナーになって、
ビジネス書やデザインの情報誌を読んだりしてる内に本を読むことの楽しさを知りました。

ちなみに今、読んでいるのはコチラ、星野源の【いのちの車窓から】
星野源は歌ももちろん、好きなのですが、何より、仕事に向き合う姿勢とか考え方がすごい好きなんですよね。
音楽家であり、俳優であり、文筆家でもある多彩すぎる星野源。
全ての仕事を妥協せず最高地点を求めて、楽しみながら向き合っているその姿勢がとても好きです。

いのちの車窓からはまさにそんな星野源の物事の考え方、人生観などが書かれていて、すごい面白い。

面白くて、サーっと読んじゃって虚しくなってしまいそうなぐらいに面白い。

小説家とか漫画家とか、自分だけで物語を作って誰かに届けて生きていく。
そんな職業に実は小さい頃から憧れています。

僕も密かに小説を書いてたりして。。

取材してもらって

僕がフリーランス時代に書いていたブログを読んでくださった記者の方から取材の依頼があり、
ビジネスインサイダージャパンに取り上げていただきました。
https://www.businessinsider.jp/post-1741

大体的に記事が公開され、結果的に【4/21日時点で7万PV】を超えるほどの僕にとってはかなり大きな出来事となりました。。

そこで、今回の件を振り返って個人的な感想を。
ニュースピックスなどのコメント見させていただきまして、
暖かいコメントもたくさんあれば、甘いわ!世間をナメるなバカモン!と言った感じの
お前は俺の親父かという感じのコメントもたくさんありました。
が、僕としてはそういうコメントがあって、良かったなと思います!
世の中で成功してる人たちっていうのは結局、誰かの失敗があって、
それを目の当たりにしてきてるからこそだと思うんです。誰かの失敗を踏み台にして、誰かが成功する。

僕のこの記事で書かれてるリアルな失敗を誰かが踏み台にして
成功してくれるなら僕は本望です!
この記事で伝えたいのはまずは挑戦してみることの大切さ。

肯定的なコメントもあれば、否定的なコメントもある。
当たり前のことです!人間ですから。

改めて、拡散してくださった方や読んでくださった方々、
ありがとうございました!!!